topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- | スポンサー広告 |

紅葉の北アルプス - 2011.10.05 Wed

「涸沢の紅葉を見ずして、北アルプスの紅葉を語るな」

と言われるほどの紅葉


そんな紅葉を見に、

上高地から涸沢までの山の旅



上高地から横尾までは

高度はほぼ変わらない

緑の中をトレッキング

葉の間から太陽の光が差し込んで

森がキラキラ輝いている

上高地を流れる透き通った梓川

その水の美しさにすぐに足は止められてしまう

そして、北アルプスの連なる山々

「神降地」

どこかでそんな文字を見た

たしかに神様が降りてきてもおかしくない

「上高地」

PA021665_convert_20111005153302.jpg

NEC_0186_convert_20111005153121.jpg

PA031849_convert_20111005154125.jpg


横尾からは高度を上げていく

この季節、

標高が上がるごとに

緑色だった葉っぱは

赤・黄・橙に移り変わる

その変化がありのままに見れるから

「季節」というものと「自然」というものの

密接な関係を

肌で体感できるんだ

PA021726_convert_20111005153436.jpg

PA031797_convert_20111005153916.jpg


日本最大級のカール

「涸沢」

そして日本最大級のテント場でもあるのかも

前穂高・奥穂高・北穂高に囲まれ

色とりどりのテントが張られ

今しか見られない色とりどりの紅葉

山の中のこの場所は

本当にカラフルで

でもそのカラフルさは

雑多ではなくて

整然とされた

カラフルさ

PA021745_convert_20111005153541.jpg

NEC_0193_convert_20111005153155.jpg

PA021746_convert_20111005155553.jpg


16時を過ぎ、

日没が近づいてくると

気温も氷点下へと近づいていく

そんな中で

絶景を眺めながらの

生ビールとおでん

これ以上の贅沢はないんじゃないかと思う

PA021741_convert_20111005153620.jpg



外は風が吹き、身体の芯まで冷やす寒さ

でもテントの中は

布1枚しか隔たれてないのにあったかい

入口のチャックを開ければ

目の前は3000m級の山々

夜には満天の星

夜明け前の辺り一面を覆い尽くす真っ白い雲

穂高連峰をオレンジ色に照らす朝陽

テントから見た景色は

自分を自然の中の一部だと感じさせてくれるようなものだった

PA031761_convert_20111005153702.jpg

PA031771_convert_20111005153836.jpg

PA031766_convert_20111005153804.jpg


2日目、行きとは違うルート

涸沢から上高地までパノラマコースで帰る

このコースは

梯子や鎖場、

時には断崖絶壁の岩場を通る

「危険箇所あり。健脚者以外は通らないでください。」

の案内に、ちょっと不安になったけど、

無理なら戻ればいい!と開き直って出発


結果、こっちのルートにして大正解!

ものすい景色が見られた!

屏風岩分岐で荷物をデポして登った

「屏風岩の耳」から見えた

360度の大パノラマ

前穂高・奥穂高・北穂高・大キレット・燕岳・常念岳

一番見たかった槍ヶ岳だけは雲の中から姿を表してくれなかったけど、

それもまた自然

簡単に全貌を見せてくれない槍ヶ岳に、「いつか絶対あの場所に行く!」って思った

PA031836_convert_20111005154254.jpg

PA031829_convert_20111005154034.jpg

NEC_0199_convert_20111005153224.jpg



徳沢までひたすら下り、

ここからはまた上高地のキレイな樹林帯

梓川を横に見ながら

今回の旅のことを思うと

いつものように寂しさがこみ上げてくる

あと数時間後にはまたビルと人だらけの街の中

今いる場所とは正反対の世界

戻りたくないって思う

PA031852_convert_20111005154205.jpg



でも、街にいるからこそ自然を恋しく思うのかな

拘束があるから自由を感じるように

PA021703_convert_20111005153355.jpg



そんなことを考えながら

でも最後にはやっぱり戻りたくないって思う


今はまた街の中にいるけれど

頭の中は次の山へ向かってる

PA031810_convert_20111005153947.jpg




















関連記事
スポンサーサイト
2011-10-05 | 登山&トレッキング | Comment : 0 | トラックバック : 0 |

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://qcumber.blog14.fc2.com/tb.php/151-11ab3d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「やりたいことをやる」 «  | BLOG TOP |  » 帰宅ラン

プロフィール

福田 由香理

Author:福田 由香理
トレーニング・コンディショニングトレーナー

東京・神奈川を中心に活動しています。

主にトレーニング・コンディショニング指導を行う傍ら、自分自身もトレイルを中心にランニングに取り組んでいます。

・全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)
・2008アルティメット世界大会(WUGC)日本代表トレーナー
・獨協大学アメリカンフットボール部トレーニングコーチ
・駒澤大学高等学校陸上競技部トレーナー
・RunFieldコーチングスタッフ
・ALTRA Japanアンバサダー

パーソナルトレーニング、ランニング練習会、トレーニングに関する質問等、お気軽にお問い合わせください☆
q.waterfall@gmail.com

パーソナルトレーニング

トレーナーとの1対1のトレーニングで、全身のコンディショニング・ランニング等の有酸素運動などその人に合ったメニューを作成します。神奈川・東京近郊が基本ですが、その他の場所でもご相談ください!
60分 5000円 
※割引の回数券チケットあります 
初回コンディションチェック90分 
お試し3000円

競技のパフォーマンスアップ・姿勢調整・筋力アップ・ダイエットなど、自分の目標に向かって適切なトレーニングを行なっていきましょう!

トレーニングイベント情報

「B-line女性のためのランニング講習会」
ランニングビギナーのためのランニング講習会です。練習の続け方や楽しく走るためのコツなど、ランニングをこれから始めてみたい方、初レースに挑戦したい方のご参加をお待ちしています!
日にち 3月29日(日)
場所 B-line岸根公園店
内容 30分程度のトレイルラン、ランニングミニ講義、ランニングのためのエクササイズ
参加費 3240円(税込) 
レンタルシューズご用意します(別途100円)

トレーニングイベントのお問い合わせは下記アドレスまでお気軽にどうぞ☆
q.waterfall@gmail.com

レース結果

・2012おんたけウルトラ 女子総合3位
・2013 IZU Trail Journey 女子総合5位
・2014 UTMF 32時間27分 女子総合13位
・2014勝田全国マラソン 女子総合5位
・2014スリーピークス八ヶ岳OnePackLine 女子総合2位
・2014志賀高原エクストリームトライアングル 女子総合優勝
・2014日本山岳耐久レースハセツネ 9時間35分50秒 女子総合2位
・フルマラソン 2時間59分59秒(2014勝田マラソン・ネットタイム)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
トレーナー (15)
トレラン (71)
登山&トレッキング (17)
ランニング (73)
ライフ (31)
雑談 (9)
スポーツビジネス (2)
スポーツ (15)
アルティメット (8)
フォト (7)
スノボ (5)
ロードバイク (6)
滝巡り (6)
屋久島一人旅 (6)
トライアスロン (2)
アウトドアスポーツ (3)
歩きたい道 (1)
会いたい人 (0)
カラダのこと (5)
トレチャレ (6)
イベント (18)
アメリカ&フランス旅 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。